エリアマーケティングツール操作説明書
arrowトップページ arrow お問い合わせ
 
目次
1.システムの概要 4.分析マップの作成 7.ユーザーポイント分析
2.システムの起動と終了 5.統計レポートの作成 8.インポート/エクスポート
3.商圏の作成とデータ集計 6.地域データの一括集計 9.データメンテナンス
1.システムの概要
「GISエリアマーケティングパック」は、国勢調査などの統計データやユーザー固有のデータを分析し、商圏分析や新規出店計画、販売促進計画に活かすための商品パッケージです。
これまで、商圏調査にかかっていた時間を大幅に短縮し、また勘や経験ではなく定量的な根拠に裏づけされた客観的な評価基準(商圏規模や出店基準)を社内で共有することができます。
 
<GISエリアマーケティングパックの主な機能>
● 商圏の作成とデータ集計
円、多角形商圏を作成します。
作成された商圏内のデータ(国勢調査、昼間人口、商業統計、消費支出など)を集計することができます。
その他、Smart Routing等で作成された到達圏や選択した町丁目・メッシュなど、独自エリア内のデータも集計します。

● 分析マップの作成
統計データをベースにした、一次元および二次元の分析マップ(データボリュームによる色分けマップ)を作成します。

● 統計レポートの作成
国勢調査と年収別世帯をベースに、設定した商圏内のデータ集計表と人口ピラミッド、世帯構成、年収構成をグラフ化したレポートを作成します。

● 地域データの一括集計
駅や既存店舗、候補店舗ごとに商圏を作成し、その商圏内のデータを一元的に集計します。これにより、既存店のポテンシャルと実績評価、候補店舗の絞込みなどのための判断資料を効率的に作成することができます。

● ユーザーポイント分析
ユーザー保有のデータを、住所をキーとしたアドレスマッチングで地図上にプロットします。
プロットされたデータは商圏ごとに集計することができます。
プロットされたデータをベースにした一次元の分析マップ、および統計データとの二次元マップを作成することができます。

● データのインポートとエクスポート
CSV形式のデータファイルを簡単に取り込んだり、出力したりすることができます。これにより、たとえば日々変化するデータ(売上データなど)をExcelで編集し、GISに取り込んで分析した後、その結果を出力してまたExcelで加工しレポートにする、といったリアルタイムデータのGIS分析業務を効率的に行うことができます。

● 地域データの統合と分析
面的なデータ(町丁目や市区町村など)やプロットされたポイントデータを、地域をキーとして統合します。これにより、分散管理された様々な地域データを一元的に評価することができます。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
arrowトップページ arrow お問い合わせ
株式会社ユー・ディ・エス